タイ風俗・エロ旅行記 久方ぶりのバンコクはホイクワンのMPハイクラスで 2019年1月 タイ前編

ハイクラス2019年1月タイ編

 

2019年1月。

3年ぶりにタイ・バンコクに来ている小職である。

今回は諸事情あり、あまり自由に動くことができなかった。

よって、久しぶりのタイでの江口行為について、前・中・後編の三つに分けて記しておこうと思う。

 

 

 

……………………………………………………………………………………………

 

 

 

…………夕刻。

ようやく解放された小職はアソークのターミナル21のフードコートにいた。

フードコートの席は9割がた埋まっており、なんとか空いている席を見つけ、食にありつく。

 

カオマンガイ
うむ、おいしそうです

 

 

タイに来たらやはりカオマンガイを食べねば、ということでトート(鳥を唐揚げにしたの)とのハーフを食べる。

 

もぐもぐ……ウマい。

鶏飯を食べるのはシンガポールに行って以来である。

 

 

 

いろいろ好みは分かれると思うが、やはり小職としてはタイのカオマンガイが最も美味しく感じる。

 

ぺろっと完食。

ごちそうさまでした。

 

さて、ある程度腹も満たされたわけであるが、この後やることと言えば、決まっている。

そう、久しぶりのタイでの江口行為である。

明日も、朝から夕刻までは自由のきかない予定が入っている為、今夜はあまり遅くまで夜遊びはできない。

ここは、さくっとマッサージパーラーで楽しむか。

 

そう決断した小職は地下鉄(MRT)に乗ってホイクワン駅へ向かった。

 

バンコク

 

このホイクワン駅周辺にはMP(マッサージパーラー)がいくつも点在している。

今は閉鎖してしまったが、かの超有名だったナタリーもこの界隈にある。

 

 

 

そして今回行ってみたのが、ハイクラスというMP(マッサージパーラー)である。

 

bangkok
場所はここら

 

バンコク
昼間のMP・HICLASS外観

 

 

早速突入すると、入口で待機していた女性従業員の方に案内される。

 

 

そして、ラインナップはこんな感じであった。

 

HICLASS
ほう…

 

HICLASS
ほほう…

 

HICLASS
むふふぉー…

 

 

なるほどー……、ぱっと見、そんなに美人とか可愛いって感じの女子は少な目。

そして、若い女子もあまりいなさそうだ。

このMPハイクラスは大衆店と言う位置づけらしい。

値段が安めなので、在籍する女子の質もそれなりということらしいが…。

 

その値段を聞いてみると、1700バーツ、2200バーツ、2500バーツ(ちょっとうろ覚えです)とのこと。(1バーツ=約3円)

 

確かに、安いね。

しかし、以前行ったナタリーでもそうだが、値段付けの基準がやはりよく分からない。

このハイクラスも、1700バーツの女子と2500バーツの女子の器量に、さほどの違いはないような気がするのだが、年齢の差だろうか?

まあ、1700バーツの女子はちょっと年がいっているようにも見える。

そのランクの女子は、皆30台前半?くらいだろうか、見た目はそんなに悪くない。

 

待機女子の総数は15名程。

 

全ての女子を確認し、気になったのは爆乳の女子。

 

ハイクラス
左側の女子ね

 

 

むう…、重量級のおぱーいをお持ちのこの女子、値段は1700バーツ(1バーツ=約3円、1700×3=約5100円)か…。

見た目も可愛い感じなのにめちゃ安いやん。

やはり他の1700バーツの女子同様に30代なんだろうが、全然イケる。

 

安いし、この爆乳女子に決定!

 

早速、1700バーツを支払って女子に連れられ、部屋へ向かう。

 

ハイクラス
オラ、ワクワクすっぞ

 

 

 

残念ながら、連れられて行った部屋はかなり暗かった為、この先まともな画像がない。

しかし、実際のプレイはかなり良かった。

 

まず、お互い服を脱いで風呂へ。

この風呂でのプレイがめちゃ気持ちよかったのである。

 

脱いでみると、やはりかなりの爆乳であった。

おそらくシリコン入りの偽乳だと思われるが、めちゃくちゃ柔らかい。

まず揉み倒す。

うん、最高である。

爆乳ばんざい。

もはや他に何もいらんくらいである。

しかし、この女子、これだけではなかった。

 

その爆乳を使って身体を洗ってくれた後、小職を湯船に仰向けに寝かせて(浮かせて)両足を開かせ、水面から小職のモノをひょっこり露出させた。

女子は小職の股の間に身体を入れ、お互い正面から向き合う形だ。

 

 

そして、女子はおもむろに小職のモノをぱくりと咥えた。

 

 

こ、これは……!

 

 

そう、いわゆる潜望鏡フェラ―である。

 

 

手を使わずの口だけで。

そして、上目遣いで小職を見つめる。

まずは優しく、しかし確実な口圧での刺激。

口腔内の温かさ。

舌で竿を嘗め回すのも絶妙。

かなり長くじらされた後に、ようやくの上下運動。

リズミカルに、時に緩急をつけた動きは、小職のTIMPOを一気に限界までカチコチにさせた。

 

 

ぬおおおお、これ、めちゃんこ気持ちええ。

 

 

気持ちよすぎて、速攻で逝きそうになるのを堪える。

はふー、はふー、と息をしながら、快感に耐える小職である。

 

そんな小職をずっと見つめながら、黙々とフェラ―を続ける女子。

その表情は妖艶な笑みを浮かべており、そしてその姿はまさに淫魔を想像させる。

 

 

んっ、んっ………。

こんな声を漏らしてしまい、限界が近い事を察したようだ。

女子はようやく小職のいきり立ったTIMPOから口を離した。

離れる瞬間、ちゅぽんと小気味よい音がした。

 

 

うぐっ……、やばかった。

気持ち良さ過ぎである。

この快感タイムをさらに長く楽しむためにも、ちょっとインターバルが欲しい所である。

しかし、爆乳女子はそれを許さず、続けざまに攻め立てて来るのであった。

 

 

女子の武器はその爆乳である。

いきり立って天に向かってそそり立っている小職のおTIMPOをその凶悪ともいえる爆乳で挟み込んできたのである。

そして女子は両手で、挟んだ小職のモノに柔らかな圧力を加えながら、その大きすぎる両乳を持ち上げて上下に動かし始めた。

 

 

ぬおぐあああ、これも、めちゃめちゃ気持ちええ。

柔らかな爆乳の弾力とすべすべの肌との摩擦が、小職の脳内にものすごい快感を伝えて来る。

パイずりって今まで経験したことが無いわけではないが、ここまでの快楽を感じたのは初めてである。

 

 

おおおおおお…。

小職の口から思わず小声が漏れる。

 

それを聞きながら、爆乳女子は相変わらずの笑みを浮かべながら、せっせと爆乳を上下に動かし続ける。

薄暗い中でのパイずりのビジュアルも気持ち良さを助長する。

快楽の波が行ったり来たりして、まじでコレ本当にもうやばい。

 

この快感にじっと耐えるといういわば至福の時間をしばし過ごす。

 

そして、結構長めの爆乳パイずりプレイだったが、暴発寸前で、なんとか終了。

ほぅ…、なんとか耐えれたわ。

 

 

しかし、この爆乳女子、テクニックが半端じゃねぇ!

さすがのベテランなんやろな。

 

そう思いつつ、風呂から上がるよう促され、従う。

 

 

タオルで丁寧に身体を拭いてもらった後は、ベッドで本番プレイになる。

ベッドでは、バックで突くように言われたので、素直にそのように。

大きめのお尻をつかんで、ずぶりと挿入した。(あ、コンドーさんは装着してます)

そして、リズミカルに突きまくる。

腰を打ちつける度に、女子のお尻の弾力を感じつつ、下腹部に神経を集中させる。

 

先ほどまでの、お風呂でのプレイで臨界点突破まであと少しまで来ていたので、すぐにフィニッシュの予兆がくる。

ここは、もはやあるがままにってわけで、あっさりと昇天。

ドクンドクンと白いのがゴム内に発射された。

 

………うん、気持ち良かった。

すげーよかった。

久しぶりのタイでの一戦は最高の結果になった。

 

 

フィニッシュ後は、軽くシャワーして洗ってもらい、チップを渡してバイバイ。
(チップは300バーツだったか500バーツだったか?忘れました)

 

最初から最後まで笑顔の爆乳女子でした。

 

 

そしてホテルに戻って、軽くビールを飲む。

バンコク
CHANG とかSINGHAとか超好きです

 

 

心地よい疲労感を感じつつ、いい気分で就寝。

 

いやー、やっぱタイのMPは最高に良い。

やめられんわ…。

 

 

タイ前編終了  中編に続く

 

 

ちょっとムラムラしてる紳士諸君!!
無料会員になるだけでサンプル動画(その数なんと12万作品以上!)見放題。
よかったら下のバナーからどうぞ。
DUGA


コメント

タイトルとURLをコピーしました