インドネシア風俗・エロ旅行記 ジャカルタナイトの2枚看板 - クラシックホテル 2019年 インドネシア編⑤

jakarta2019年7月インドネシア

 

 

水タバコでリラックス度を極限まで高めた小職が、スパークスライフジャカルタ・ホテルに戻ったのはPM5:00頃である。

 

ちょっとばかし、のんびりしすぎたな。

この後は色々とスケジュールが立て込んでいるのだ。

やはり旅行期間が3日間では少ない。

早速、出かけることにした。

行先はクラシックホテル。

昨日行った置屋ホテルである『ホテルトラベル』と双璧をなすと言われているようだ。

 

ここ、マンガベサール通りからは、2キロ程度は離れている。

 

jakarta
最寄り駅はサワブサールだが…

 

 

歩いて行くには、少々遠いし、さくっとタクシーで行くことにした。

マンガベサール通りを流しているブルーバードタクシーを止めて、乗り込む。

かなり有名なホテルとのことで、ドライバーにも一発で伝わる。

 

そして、5分ほどで到着。

運賃は約1.5万ルピア。(約120円)

安…(汗)。

jakarta

 

ホテル内で少し迷ったが、エスカレーターで3Fへ。

店の入り口で、2人のガードマンによるボディチェックがある。

ガードマンは金属探知機を手にしており、なかなか厳しそうである。

とか、思ったが、実際は金属探知機でのボディチェックはなく、小職が財布を兼ねている薄めの腰に巻くタイプのカバンの中身のみ、チェックされる。

日本のサガミオリジナルを見つけた奴らは、大爆笑。

笑顔で見送ってクレマシタ。

 

扉を開けて侵入。

中は、やはり暗い。

そして、音楽がウルサイ。

トラベル同様に速攻でやりてBABAAに腕を掴まれ、強引に椅子に座らされる。

そして、すぐに襲来するギャル2名。

どうやら小職の正面のソファーにいる白いパッツン制服のギャル軍団がこのBABAAの配下ギャル達らしい。

jakarta
ちと遠くて顔の確認がうまくできないが、良い感じのぱっつん制服

 

 

明るめのライトに照らされたギャル軍団であるが、皆、ぱっつんぱっつんです。

むちむちなボディーがたまらんばい。

ま、顔については、これっ!てギャルはいない感じだけど。

ちなみに現在PM5:20、 店内のギャルの総数は20名強。

お客もそこそこ多く、この時間でも盛況のようだ。
(ちなみに今日は土曜日)

 

ところでさっきから、小職のそばについている2人のギャルであるが、なかなかアピールが激しい。

しっかし、ホテルトラベルもそうだが、辺りが暗すぎる。

ちゃんと顔が確認できひんやないか。

ギャルの待機場所であるソファー周辺は明るめであるが、遠いし。

ちょっとばかし選び辛い。

結局、とびぬけて可愛いギャルもいなさそうなので、今いる2人のうちでむちむちで優しそうな感じのギャルを選ぶ。

名前はリンダって言ってたが、どう考えても、おかしくね?

思わず聞き返してしまって、言ってた本人も、苦笑いしてたしね。

 

ここで、やりてBABAAにお会計。

36万5千ルピアなり。(1万ルピア=約80円、36.5万ルピア=約2900円)

 

2人で部屋へ移動。

部屋は、ホテルトラベルとほぼ同じ間取り。

ベッドとシャワールームのみの簡素な部屋。(不潔さはない)

シャワールームがガラス張りでベッドから丸見えなのも、ホテルトラベルと同じ。

 

 

jakarta
お、薄暗い部屋の灯りで見てみると、ちょっと狸顔やね、このギャル

 

 

今回は、飲み物を頼んでなかったのだが、考え直してオレンジジュースを頼むことにした。

 

待ってる間、スマホに夢中なギャルである。

jakarta
部屋も暗いので、かなり画像を明るくしてあります

 

 

白のぱっつん制服に青のタイトミニスカなので、下着が丸見えである。

ま、本人はそのへんはまったく気にしてないようであるが……。

 

ジュースが届いたので、部屋に鍵をかけて、プレイ開始。

まずはシャワー。

普通に優しく洗っていただく。

 

jakarta
暗すぎて画像処理の限界

 

 

やや大きめのおぱーいをもみもみしつつ、シャワーする。

うむ、柔らかくて良い。

その後は、ゴムフェラーからの騎乗位。

ぱんぱんという女子が腰を打ちつける音だけが部屋に響く。

ゆさゆさ揺れるおぱーいを揉み揉みしつつ、小職も腰を突き上げる。

そこそこ高ぶってきたところで、挿入状態のまま女子を押し倒し、正常位で突く。

リズミカルに突いていると、おや、女子から、あんっあんっていう切ない吐息がもれ始めた。

どうやら感じているらしい。

この声に小職の高ぶりはMAX状態に達し、どぎゃんっと発射。

うふぃー、よかったぜぃ。

今回も満足の江口行為であった。

フェラ-については、モチロン生がいいんだが、またチップくれくれ言われたら、いい加減萎えそうなんで、今回は封印。

ま、ゴムフェラ―でも結構気持ちよかったっすわ。

 

jakarta
シャワー後のお着替え中

 

 

そして、チップに10万ルピアを進呈し、部屋を退出。

 

 

ギャル達の待機ソファーのある所に戻ってくると、待機ギャルの数がかなり増していた。

 

jakarta
ざっと50人はいたと思われる

 

 

ちなみに現在PM6:00である。

 

ということは、プレイ時間は30分だけだったようだ。

相変わらず早い小職なのであった。

 

支払い総額は、プレイ代36.5万ルピア+チップ10万ルピア+飲み物代12万ルピア(2人分)で、計58.5万ルピア。

日本円にして、約4700円。

 

やはり、安いが、もうちょっと全体的に明るさがあったらなぁー。

 

 

続く。

 

 

 

ちょっとムラムラしてる紳士諸君!!

無料会員になるだけでサンプル動画(その数なんと12万作品以上!)見放題。

よかったら下のバナーからどうぞ。
Cf anime

△ これの無料会員登録の方法及び、退会の方法はこちらから確認できます。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました