シンガポール風俗・エロ旅行記 愚か者は昼間からゲイランで酩酊する…(H43-ロロン8) 2018年5月 シンガポール編⑦

ゲイラン置屋2018年5月シンガポール

 

アラブストリートからゲイランに戻ったが、ちょうど昼時である。

朝から何も食べていないし、チャージせねば。

と、いうことで、昨日も行ったホーカーズのビクトリアフードコートへ。

 

geylan

 

昨日、食べて激ウマだったワンタンスープと鴨肉が乗っかった汁なし麺を食べる。

 

geylan

 

geylan

 

そして、当然ビールも。

 

geylan

 

ワンタンスープはやっぱ、絶品。

鴨肉乗せ汁なし麺は、まあまあ、かな。

ビールもぐびっと飲んで、満腹満腹。

帰りに、タイガービールを買い込んで、ホテルへ帰還した。

 

singapore

 

このタイガービールであるが、本来、夜寝る前に飲もうと思っていた。

しかし、どうもちょっと飲み足らない感じがする。

そんで、1本飲んでしまった。

そして、気付いたら、2本目も無くなっていた……(汗)

昼間からビールを3本も飲んでしまい、かなりいい気分になった小職である。

所謂、酩酊状態になっていた。

いつもなら、そのままベッドにダイブして、スヤスヤ寝てしまうのだが、何故か出かける気になっていた。

現時刻はPM2:30。

かなり酔っぱらい状態での出撃である。

鼻歌まじりで、昼のゲイランロードを歩く。

雨は完全に上がっており、青空も覗いている。

暑い。

しかし。

かなりの上機嫌で歩いていた小職に緊急事態が発生した。

うぉ、お○っこしたいっす…。

そう、ビールを3本も飲めば、やっぱそうなるもんである。

 

ゲイランロードから昨夜も行ったロロン8へ進んだ小職であったが、限界が近づいていた……。

 

ゲイラン置屋
めちゃ晴れた午後のロロン8

 

 

このロロン8だが、昨夜もそうだったが、昼の今も、人っ子一人歩いていない。

ぬふう、いっそ立ちシ○ンしたろか。

いや、待て待て、ここはシンガポール。

道端にポイ捨てするだけでかなりの罰金とられる国やん。

いくら誰も歩いてない、かつゲイラン地区とはいえ、誰が見とるかわからん。

やばいって。

いや、でももう、げげ限界なんですケド。

おいらの膀胱がもうはちきれんばかりに荒れ狂いそうになっている、どうしよう。

そんな葛藤を続けながら、かなりの早足になっていた小職は、昨日入ったH43を通り越した。

そして、2件隣りのH45へ入ってみた。

 

ゲイラン置屋

 

 

やばい、もう我慢しすぎて全身から変な汗でてきた。

んで、肝心の女子は、一人しかいねぇ。

さすがに、まだ昼だからか…。

店のおっちゃんに、一人だけなん?

って聞くと、おっちゃんは、冊子を渡してきた。

その冊子には、数名の女子の顔写真があった。

どうも、写真で指名した女子を呼べるらしい。

呼んだら、10分で来るって、このアフォー。

そんなに待てっかー。

こちとら、もう限界を通り越して、核爆発秒読み状態やっちゅうねん。

もうだめだー、次のトイレじゃーいや違った置屋じゃー。

 

もう完全な八つ当たりである。

 

…冷静に考えれば、ここでトイレだけ借りれば済む話なのだが、酔っぱらって錯乱状態にある今の小職にはそのような余裕はなかったのであった。

 

とりあえず、どうしようもなくH45の置屋からは退出した。

 

そしてこの時、小職の脳裏に閃いたのは、昨日行ったH43(ここの2件隣)にはトイレがあった!と、いうことである。

 

そうじゃ、そっちならトイレ行けるわ!

よっしゃーそこしかねえ。

小職は来た道を引き返しH43へ向かった。

 

 

ゲイラン置屋
超ウェルカム的な感じで客を呼び込むおっちゃん達

 

 

どどんっと入ったH43だが、女子は3人しかいなかった。

だが、今の極限状態の小職にはそんなことは最早どうでもよく、とりあえず、悩むふりをしつつも速攻で巨乳の女子を選んで、支払いを済ませる。

代金はもちろん昨夜と同じ50シンガポールドル。(1シンガポールドル=約83円なので4150円)

そういえば、昨夜相手してくれたマッサージが上手かったお嬢さん風の女子はいなかった。

そして、おっちゃんに、ちょっとトイレ行って来るって言って、足早に通路突き当りのトイレへ突進。

震える手でチャックを開けて、いざ。

 

 

……………ふぅー。

 

 

いやいや、マジでやばかったわ。

全身に、安心感ってゆうか虚脱感を感じながら、女子の待機所へ戻る。

 

 

そして巨乳女子に先導され、部屋へ向かう。

 

ゲイラン置屋
昨日と違い、今日は2Fの部屋に案内される。

 

ゲイラン置屋
うむ、良い

 

ゲイラン置屋
ミニスカで階段を上がるとやはりチラリと見える

 

ゲイラン置屋
むっちり女子

 

ゲイラン置屋

 

 

部屋には先客がいました。

 

 

ゲイラン置屋
ドラえもんさんに見られながらすんのか…。

 

 

まだまだ酔っぱらいながら、服を脱ぎ、シャワーへ。

 

シャワーで局部中心に洗ってもらい、ベッドへ。

 

ベッドでは、ゲイランでは定番のゴムフェラからの騎乗位。

揺れるおぱーいを揉み揉みしつつも、発射する気配がない……。

むむう、いつもならスグ出ちゃうんですケド。

女子が疲れたので、正常位で自分が頑張る。

しかし、イカない。

ぬうう、エレクト状態は続いているのだが、発射するための導線に火が着かないっす。

自身が疲れたので、一休みしようとすると、察した女子が手で頑張ってくれる。

でも、それでもだめだ。

あー、これ、あかんやつや。

本日一発目で、弾は残ってるハズなんやが、やっぱアルコール摂取しすぎたな、コレ。

はぐぐぅ、なんとも、情けねえズラ。

マジで酒飲みすぎはいかんわ。

巨乳女子もかなり疲れたようなので、ごめん、フィニッシュでいいよって言ったらなんでイカないの?って聞かれた。

正直に、ビール飲みすぎたって言ったところ、飲みすぎはダメよと怒られました。

どうも、すいませんでした(汗)。

 

 

ゲイラン置屋
巨乳だが、多分偽乳ではなかろうか?(形が整いすぎているような気が…)

 

ゲイラン置屋
いや、偽乳でも全然いいんですけどね、めちゃ柔らかいし…

 

 

そして。

置屋を出て、千鳥足でホテルまで戻り、反省しつつ眠りに落ちる小職であった。

 

 

ゲイラン置屋
ドラえもん様、不甲斐ない小職をお許しください……

 

 

 

続く

 

ちょっとムラムラしてる紳士諸君!!
無料会員になるだけでサンプル動画(その数なんと12万作品以上!)見放題。
よかったら下のバナーからどうぞ。

DUGA 

コメント

タイトルとURLをコピーしました