シンガポール風俗・エロ旅行記  ロロン6にゲイランの夜は更けて…(H66-ロロン6) 2018年5月 シンガポール編⑨

geylanh662018年5月シンガポール

 

現在の時刻はPM11:30である。

 

いつもなら、ホテルの部屋でビールを飲んで、いい気分で眠りにつくのが小職のスタイルである。

しかし、今夜はなんとビールが無い。

先に述べたが、時間制限に引っ掛かり、買えなかったからだ。

 

昼間に睡眠をとってしまったこともあり、全然眠くない。

そして、昼に食事をして以降、何も食べていないのに腹も減ってこない。

 

さらに……、手元には100シンガポールドルちょい残っている。

明日の昼の便で帰国の為、せいぜい朝食代と空港までの電車代さえあれば、問題ない。

暇だし、もう一度出撃することに決めた。

先刻いたしてから、時間が経過していないので心配であるが、50シンガポールドルの置屋であれば、発射できなくてもいいや。

最後に女子のおぱーいでも揉んでおこう。

そう思って、ホテルを出た。

 

行先は、ロロン6である。

その辺りにも、50シンガポールドルの置屋があるのをネットで調べておいたのである。
(1シンガポールドル=約83円 50シンガポールドル=約4150円だ)

 

 

geylanh66
ホテル前は相変わらずネオンギラギラの置屋が絶賛営業中である。

 

geylanh66
PM11:45 を過ぎているが、何人かは、各置屋を物色中の模様だ。

 

 

ゲイランロードに出て、ロロン6方向へ進む。

ゲイランロードは、まだまだ人が歩いており、車もガンガン走っている。

店もほとんどが開いている。

やはり、眠らないエリアであるな、ここは。

 

ゲイランロードをずんずん歩き、ロロン6の入口へ。

 

geylanh66

 

 

 

うん……暗い、というのがロロン6に入った時の印象である。

ちょい先にホテルがあってその辺は明るく、所々に灯りもあるが、活気はない。

もちろん、歩いている人はいない。

昨夜のロロン8もそんな感じであったが、やはり置屋エリア内でも外れの位置だからか。

わざわざこの辺まで遊びに来る旅行者もいないってことやな。

 

geylanh66
ホテルを通過

 

 

とりあえず、気にせず歩く。

暗いが、危険な空気ではない。

5分ほどで、置屋が見えてきた。

 

ネットで調べておいた情報では、3件ほど置屋が並んでいるはずだが、今日は1件しか開いていないようだ。
(もしくは、遅いからクローズしているのか?不明である)

 

開いていた置屋はH66である。

早速、入ってみて驚いた。

 

geylanh66

 

geylanh66

 

 

そう広くもないひな壇に10人もいる。

予想外の人数に、若干たじろぐ小職である。

そして、何故かここの女子たちは、こっちをチラチラ見てくるものの、選んでアピールが全然ない。

静かなもんである。

 

んー、誰にしようかと見てみると、色白の女子たちの中で一人だけ褐色の肌の女子がいた。

真っ赤な紅を唇に引いており、一際目立つ。

すっとした顔をしており、美人系である。

 

 

むむう、ゲイラン最後のお相手は、あの女子しかいねぇ!

 

と、いうことで即決で彼女を選ぶ。

 

geylanh66

 

 

 

50シンガポールドルを支払い、女子に導かれて部屋へ。

 

 

geylanh66
スレンダータイプのボディっす

 

 

!?

geylanh66
うお、プーさんおった…

 

 

プーさんはいいとして、ここからは、やはり他の置屋と同じ流れである。

 

いっしょにシャワーで体を軽く洗ってもらい、ベッドでゴムフェラ → 騎乗位。

しかし、体の相性が良くないのか、彼女の騎乗位はこちらもちょっと苦しい。
(ちと、痛みを感じる)

これはいかんと、正常位で頑張るも、なかなかイケず。

疲れたので、休憩していると、彼女がハンドジョブをやりだす。

なかなか上手であるが、逝かない。

射精感は来るものの、発射できない。

発射するかと感じると、小職の体が伸びる………でも、イカないのでまた弛緩する。

これを数回繰り返した為、なんか体がおかしくなってきた。

全身に妙な疲労感が蓄積されてきたのだ。

これはヤバい。

明日、全身に筋肉痛が出て、歩けんへんやもしれん。

そして、どうやっても発射出来そうにないので、終わってもらう。

敗因は、前回の戦闘から2時間経ってないことからの、インターバル不足、か。

無念の最終戦となったが、ま、最後に引き締まった体をおさわりしまくったから、良しとしましょう。

 

 

お相手の女子は、小職が逝かなかったので少し不満そうであった。

ごめんなさい、疲れてるみたいと、謝っておきました。

 

 

 

geylanh66
褐色の肌もいいすね

 

 

geylanh66
美人だったな…

 

 

シャワーを浴びて、置屋の出口に向かうと、待機所には誰もいなかった。

それどころか、門が閉まってやがる。

あふぇっ?どうしょう……。

と、思っていると、脇から出てきたおっちゃんが開けてくれた。

今の時刻はAM0:30をまわっている。

どうやらこのH66はAM0:30でクローズだったようだ。

おっちゃんにサンキューバイバイと言って、置屋を後にし、ゲイランロードに向かう。

 

ゲイランロードに出て、ホテルのあるロロン18方向に進んで少し行った所に点心屋があった。

 

 

geylan
旺角点心である

 

旺角(モンコック)は香港の地名であったな。

つまり、香港の点心屋さんかなー。

あんまり腹は減ってないけど、ちょっと寄ってみようっと。

 

geylan

 

さすがにこの時間では店内はガラガラであった。

 

geylan
メニューはなかなか豊富です

 

適当に選ぶ。

 

 

geylan
ぷりぷりエビ入りのなんかの揚げ物

 

geylan
こちらもエビ入りシュウマイ

 

どっちもまあまあ美味しかったが、そもそも腹が減っていないので、食べるきるのはなかなかしんどかった。

 

胃もたれを感じつつ、ホテルに帰って就寝。

 

シンガポール最後の夜は、このように更けていったわけである。

 

 

 

続く

 

ちょっとムラムラしてる紳士諸君!!
無料会員になるだけでサンプル動画(その数なんと12万作品以上!)見放題。
よかったら下のバナーからどうぞ。

DUGA


コメント

タイトルとURLをコピーしました