ミャンマー風俗・エロ旅行記   夜のスーレーパヤー  2016年ミャンマー編 ③

ヤンゴン2016年7月ミャンマー

 

置屋からホテルまで戻ると、15:00であった。

寝不足でもあり、疲労感も大きかった為、少し昼寝をする。

 

yangon
帰る途中で買ったミャンマービールを飲んでひと眠り

 

 



 

 

起きたら、もう暗くなっていた。

良く寝たので、体調も良い。

夜の予定はディスコ・エンペラーに行くことである。

 

21:00くらいまでに行けばいいはずなので、それまで夜のヤンゴンを歩くことにする。

 

 

yangon
ホテルの窓から

 

 

現時刻は19:30くらい。

昼に写真を撮ったスーレーパヤーまで歩いて行くことにした。

ホテルからスーレーパヤーまでは800メートルくらい。

 

yangon

 

てくてく歩く。

 

夜だが、人通りも多く、危険な雰囲気はない。

 

yangon
到着

 

 

境内へ。

 

yangon

 

yangon
地元の人は普通に参拝しているな

 

yangon
ちょとだけ、小職もお参り

 

yangon
後光がすごいことに…(汗)

 

 

少し、見て回ってからパヤーを後にし、食事をすることにした。

 

ガイドブックである地球の歩き方にバーベキューストリートなるものが記載されており、行ってみることにした。

 

そこは、ホテルを挟んでスーレーパヤーとは逆方向にあるので、引き返しててくてく歩いた。

 

 

yangon
バーベキューストリートに進入

 

なるほど、沢山のバーベキューの屋台がでている。

 

しかし、明らかにグループ客が多いのと、歩いていても客引きから声がかからないので、通り過ぎてしまった。

 

yangon
タイミングが悪かったか…

 

 

その辺りをぶらぶらしていたら、別の屋台の集まっている所に出た。

 

 

地元の人が食べている焼き飯っぽいのがおいしそうだったので、それをオーダー。

 

yangon
ここも賑わってるな

 

yangon
水と合わせて200円くらいだったと思う。

 

 

ぱくり。

 

おお、この味は……。

 

口に広がったのは、十数年ぶりの懐かしい風味だった。

 

まさしく、東南アジアをバックパック旅行していた時に食べていたやつや……。

 

 

当時は、食事を安く済ませるため、一番安くて腹いっぱいになるこの焼き飯を、しょっちゅう食べていたのだった。

 

おおー久しぶりやなー、この味……。

 

ばくばく食べる。

 

懐かしくもあり、ぺろりと完食。

 

ふあー、良かったわー。

 

 

 

さあ、食事も満足したし、いよいよエンペラーにGOだ。

 

 

 

 

続く

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました