ベトナム風俗・エロ旅行記 お股ゆるゆる最高女子との3回戦 ドーソンリベンジ③ 2023年11月ベトナム編

ドーソン・ベトっ娘2023年2023年11月ベトナム

 

本日ドーソンベトナム女子と事を済ます事、2回。

結果も良く、気分も上々である。

 

現時刻は日付が変わってAM0:30。

真夜中である。

 

…………。

なんか、下半身が疼く。

既に2度も発射しており、しかも先ほどの江口行為はPM10:30過ぎだったので、まだ2時間しか経過していない。

 

でも、なぜかムラムラするばい。

まだ、やれる気がするのだ。

 

しかし、ここ数年、1日に3発の実績は無い。(日付は変わったが、1日間として計算)

小職も若くはない。

勃っても発射しない、という事が多い傾向にあった。(勃たない事も、しばしば)

 

どうするか…、秘密兵器・カ〇グ〇を服用して既に7時間が経過。

これの効果持続時間は約5時間とのことなので、とっくに過ぎている。
(この秘密兵器が気になる方は、この記事の最後へ → 最後へジャンプ!

 

やるべきか、やらざるべきか。

やる、やらない、やる、やらない、やる、やらない…。

 

……………………………………やらないか?  →  やる!

 

うう、脳内でおかしなイメージが湧いてしまったが、とにかく、やろう。

小職はそう決心した。

 

通常であれば、これは金ドブ行為なわけであるが、ここはどこか。

 

そう、ドーソン・ベトナムである。

一発35~40万ドン。(約2100円~約2400円)

 

失っても、たいした痛みはなかろう。

ガンガン挑戦すべし!!

 

そんな訳で、無謀ともとれる3回戦目を実行に移すべく、小職は部屋を出た。

 

ゆっくりと階下に下りていき、ニャギ前の道路上に並べられた赤プラスチック製の椅子にどっかと座った。

 

この時間でも、ニャギのお兄ちゃん達は道路前の赤椅子で待機しており、なかなか勤勉である。(まあ、小職の他に客はいなかったが)

 

そして、女子を呼んでもらうことにする。

 

シーズンオフになりつつある真夜中のドーソンであるが、まだまだバイク女子は走りまくっていた。

 

ドーソン・ベトっ娘2023年
ミッドナイトのドーソン  バイク女子沢山

 

椅子に座って10分。

ニャギ前の道路を走り抜けたバイク女子の数は10人くらいか、まだまだ盛況なドーソンであるな。

 

ただ、中々止まってくれないのだが…(汗)

 

ニャギのお兄ちゃんが必死で走るバイクを呼び止めてくれる、が。

 

ドーソン・ベトっ娘2023年
………………ムリ

 

 

ドーソン・ベトっ娘2023年
ずっと後ろ向いてて、顔の確認ができん女子は選べんぜよ…

 

 

そして、ニャギのお兄ちゃんの一人がピックアップしてきた女子。

 

ドーソン・ベトっ娘2023年
笑顔やけども…

 

可愛くないな、パス。

 

 

その後も2~3人道路を走っていたバイクを、お兄ちゃんが止めてくれて、チェックするもピンときた女子はおらず。

 

…………中々厳しいな、などと思っていた時、ニャギのお兄ちゃんが再度女子を運んできた。

 

ドーソン・ベトっ娘2023年
ほぅ…この女子は…

 

 

むむ、可愛さはそこそこ(決して悪くない)。

スレンダータイプだが丸顔、愛嬌のあるフェイス。

なんか、いいかも。

 

よし、この女子でいこう!

 

小職はお兄ちゃんにOKを出し、女子を伴って部屋に戻ろうとした。

 

すると。

 

なんとこの女子、小職の腕をそっと掴んできた。

 

??

 

もしやと思い、女子の手を握ってみるも、強く握り返してくる。

 

なんだと?

仲良くお手々つないで歩けるだと!

しかも女子の手、めっちゃ柔らかいし。

ささ、最高やないかい!!

ドーソンは天国じゃぁぁー!!!

 

ニヤニヤしながら部屋まで一緒に戻る。

 

 

そして、部屋に入った女子。

 

 

ドーソン・ベトっ娘2023年
まず、ベッドに大股開きでダイブ

 

 

ドーソン・ベトっ娘2023年
次いで、何かを探す女子

 

 

ドーソン・ベトっ娘2023年
見つけたので…

 

 

ドーソン・ベトっ娘2023年
再びベッドにごろん

 

 

ドーソン・ベトっ娘2023年
またもや股をぱっかーんと開いて

 

 

電子タバコ吸い出した………。

 

部屋に入って最初の行動がコレである。

 

マジか。

 

まるで自分の部屋のような振る舞い。

自然すぎる……。

しかも、股大きく開きすぎやろ。

めちゃエロいやんけ。

 

思わず、その股ぐらに突撃したくなる衝動が湧き上がってきたが、なんとか抑え、シャワーは?と聞くと。

行ってきて、だと。

何とも軽い感じで返された。

その後も、ぷかぁ、ぷかぁと電子タバコを吹かしている。

 

完全にリラックスしとんな。

これは、中々の大物女子なんやもしれん……。

 

そう思いながら、シャワーを終えて、戻ってきた小職である。

 

女子は既に電子タバコを吸い終え、ぼんやり天井を見上げていた。

 

小職がシャワーは?と聞くも、首を振る女子。

なんか、入ってきたから、いいと言う。

 

………………。

おいおい、入んないのかよ?

このシャワーしないというのも、初めてのパターンである。

中々ぺースが掴めんなぁ、と思いつつ、それならいっそという事で、素っ裸のまま女子に覆いかぶさる小職。

 

女子は、O H~と驚いていたが、一瞬で笑顔に。

さらに!

 

自ら口に吸いついてきた。

!?

な、なに!

こ、この女子、マジなんか!

 

ドーソン女子で、キッスしてくれたのも初めてである。

 

ここぞとばかりに、舌を入れ、女子の口の中を楽しむ。

女子も応えてくれ、舌でお互い貪り合う。

その後も、女子の唇を吸ったり舌を吸ったり、好き放題させてもらった。

 

おおぅ、この女子、マジで最高かよ。

素晴らしすぎる女子である。

 

このプレイのおかげか、小職の心配だったティムポも、既に臨戦態勢になっていた。

 

そして、女子の上に覆いかぶさっていた身体を横にズラし、仰向けに寝っ転がる。

女子は、ここで初めて服を脱いで、全裸に。

 

むう、細身の身体に、キレイなおぱーい。

大きさは、標準サイズ。

 

 

ドーソン・ベトっ娘2023年
うひひ…

 

 

そして、8割がた勃っている小職のイチモツをぱくりと咥える女子である。

そのまま、ふぇこふぇことフェラーリを開始。

 

おあふ、気持ちええ。

女子の温かい口腔内の感触が溜まらんずら。

やはり、生フェラーリタイムは最高に至福の時間や。

 

女子の口マムコをかなり楽しんでいたら、小職のチムポは、完全に硬くなっていた。

もう、ギンギンである。

本日3回戦目で、こんなになるのは、嬉しい誤算である。

 

女子は自分のカバンからコンドウサンを取り出し、慣れた手つきで装着してくれた。

 

そして。

そのまま小職の腰の上に跨ってきた。

そして、屹立した珍宝を自ら秘所で包みこむ。

そのまま腰を上下に振りだす。

 

おお、騎乗位か。

一発目の女子同様の、積極性もあるとは…。

 

うむ、良い、実に良いぞ。

 

女子は、和式トイレのように両足で身体を支えて、膝の力で腰を上下に動かしだした。

AVでいう杭打ち騎乗位である。

これは男側に女子の体重がかからず、単純にチムポウを女子の秘所が刺激しまくる体位である。

めちゃ気持ちいいのである。

なんせ、楽やし。

 

この攻撃をされると、気持ち良すぎてすぐに逝ってしまうことも多い。(小職の体験上です)

 

いきなりこんなテクニックで来られたので、一瞬で逝ってしまうかとも思ったが、さすがに本日三発目、なんとか我慢できました。(笑)

 

一発目だったら、開始20秒くらいでプレイ終了だったに違いない。

さすがに秒殺は、ちょっと恥ずかしいですからな、なはは。(今まで何度もあるけど…)

 

女子は頑張って腰を振ってくれていたが、疲れたのか両ひざをベッドにつけ、膝立ちになって腰を振り続ける。

 

うむ、これはこれで良い。

気持ちいいっす。

 

小職も女子の細い腰を掴んで、下からピストンのお手伝い。

ガンガン突き上げる。

 

標準サイズのおぱーいも眼前でぷるんぷるん震えており、中々眼福である。

 

さらに女子は両手を小職の頭の脇について、前屈みになりながら腰を振りだした。

顔のすぐそばにおぱーいが揺れており、尖った乳首を舐めたり吸ったり、揉んだりしながら楽しむ。

 

そうしていると、チムポウの先から、快感が押し寄せて来た。

お、来たか、と思った瞬間に、発射!

最初の快感と同時に、女子の細い両肩をがっしり押さえて、腰を女子の股間に押し付ける。

 

チムポウの先から発するドクドクという感覚が快楽中枢を大いに刺激する。

無事に、残りの全欲望をコンドウサンの中に吐き出した。

 

…………………。

はぁぁ~、めちゃ気持ち良かったわ。

久しぶりの一日三発目でも、しっかり発射できて、最高の気分である。

 

しばしの余韻を楽しんだ後、女子は身体を離す。

コンドウサンに包まれ、まだまだ勃ったままの小職のティムポウの先の白い液溜まりを見て何故か大笑いする女子。

 

なんで?

よく分からん。

 

女子は笑ったまま、シャワーへと向かった。

 

小職も自分でコンドウサンを処理。

女子がシャワー室から出てきたので、次いでシャワーを済ます。

 

そして部屋を出る直前に女子はハグしてきた。

そしてまたも自らキッスしてくれた。

 

 

ドーソン・ベトっ娘2023年
何なん、この女子、マジで最高!!

 

 

最後に女子の唇を堪能してお別れ。

めちゃ、ええ娘やったわ。

この女子が、前回と今回ドーソンで遊んだ中で、最も楽しませてくれた女子だった。

いや、こんなドーソン女子も、探せばおるんやな。

 

幻の岬ドーソン、中々奥が深い。

うむ、めちゃ楽しいなぁ。

 

 

その後、階下に降りて行ってニャギの主人(前回6月の時にもお世話になった親切なオジサンである)に35万ドンお支払い。

そしてフロントでビールを買って、ぐびぐび飲んで、いい気分でこの日は就寝。

いや、3発きっちり出して、最高の1日やったわ……。

 

ドーソンで飲むサイゴンビール
ビアサイゴン……相変わらず酔わないビール(笑)

 

 

そして、翌朝気付いたこと。

 

ベッドの脇の床をふと見ると………。

 

 

ドーソン・ニャギ
……………こ、これは!?

 

 

ま、まさかの大量のG?!(ゴキ)

いつの間にか大繁殖?

 

ままま、マジかよ?

そんな馬鹿な!

 

めちゃビビり、焦って良く見ると、Gではなかった。

何かと言うと、付け爪であった……。

 

どうやら、昨日のお股ぱっかーんの最高女子が、付け爪をはがしてベッドの脇にポイポイしていったらしい。

 

……………なんちゅう破天荒っぷりや。

何から何まで、マジか?尽くめの女子であった。

 

まったく掴みどころのないドーソン女子、今考えても、やはり最高でござった。

 

 

ドーソン・ベトナム女子2023年
いろんな意味で、めちゃ良かった…

 

続く

 

いつまでもビンビンのハズの紳士諸君!
今回の小職みたいに、薬に頼るのもどうかと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

それならば普段からこういうので鍛えときましょう!!
サイズアップポンプ
サイズアップポンプ
また、ここ👆では小職が記事内で使った秘密兵器も扱っています。
秘密兵器に興味がある方は、探してみるのも良いかも。

コメント

タイトルとURLをコピーしました